新人さんでもベテラン看護師でも看護というお仕事に悩みはつきものです。
特に最近では男性や社会人経験者など年齢も性別も勤務年数もバラバラで人間関係がカオス!

ただでさえ日々の業務が山盛りなのに、悲しいかな職場の仲間とそりが合わないなんてことはよくあることです。ベテランさんが派閥を作ったり、怖い先輩にきつく当たられたり・・・。

みんな同じ人間なのになぜ優しくなれないんだ・・・。それもひとえに9Kとまで言われる過酷な労働環境によるものなのでしょうか。

ともかく、看護師さんの日常には悩みがいっぱい!ファミレスでグチに花を咲かせすぎてお花畑作れるほどであることと思います。

このままじゃ自分が病気になっちゃう!
常に抑うつ状態でストレスフルなんて、わたしのQOL低すぎ!!
とならないために、看護師さんが悩みを抱えているときの対処法をまとめてみました。

同期の友だちに相談する

看護師はその特殊性や専門性から自分が今困っている状況を他者に伝えるだけでも一苦労。
しかし、同期の看護師仲間なら変な気を遣わなくていいし、自分の置かれている状況を一から説明しなくても分かってくれるので相談するならベストな存在といえるでしょう。
先輩がこわい、後輩がやたら圧が強い、まかせてもらえる事が多くなってきた分責任が重い…など、同じ立場だからこそ理解してくれる話題をお互いに話すことでストレスを発散してください。

看護とは関係ない友達に相談する

同じ立場だからこそ話せない話題というのもまたあると思います。
同期の方が仕事を覚えるスピードが速くて焦っている、インシデントを起こしてへこんでるけど私なりに理由がある、もう何もかもにむしゃくしゃしてる!など、事情を深く知らない方がおおらかに聞いてもらえそうな話題はあえて看護や医療とは無関係な友人に聞いてもらうとすっきりします。ジャンルを超えたお悩みの共通点なんかもあるかもしれないですし、狭くなりがちな視野が広がるかもしれません。

パートナー・両親などに相談する

恋人、両親、パートナーに外では出せない自分をさらけ出して相談する。これができればある意味最強です。年齢なんか関係ない。泣きたいなら泣いたっていい。その大きな愛で包み込んでくれるはずです。

たぶん。

小さな成功を積み重ねて自分をほめまくる

他人なんか頼れるか!最後に残るのはこの身体一つのみよ!!!
そんなもののふさんには、小さな目標を立てて達成したら自分をほめまくる作戦が有効です。
朝起きた→えらい!、歯を磨いた→ファンタスティック!!、帰りたいのをがまんして職場にいる→アメイジング!!最高に偉い!!!

大人になったらちょっとやそっとのことでは誰もほめてくれません。でも、褒められるという体験は本当に大事なんです。その小さな成功体験を積み重ねるから明日も生きていようと思えるのです。息吸ってはいているだけで一等賞なのです。自分のために自分をほめてあげましょう。

今の環境にあばよ!転職する

人間関係が限界!もういやこんな職場!ってときに一番有効なのは環境を変えることです。ストレスいっぱいの職場で耐え忍んでも見返りなんてありません。環境を変えることで自分も変われるかもしれない。さらなる成長のためにも転職はありだと思います。

しかし、看護師さんはとにかく時間がありません。いろんな病院を探して内部事情を調べてアポをとって見学して・・・やってられるか(# ゚Д゚)!!

そんなときは、転職アドバイザーさんを上手に活用させていただいて円満退職円満転職といきましょう。
大丈夫、電話の向こうのお姉さんはやさしいです。看護師とは圧が違う。心折ってこないです。

登録だけでも大丈夫なのでぜひ一度相談してみてください。みなさんがストレスのない職場に出会えることを祈ってます。

たわし