こんにちは、たわし(@tawashigsgs)です。

新年や新年度、誕生日や転職、引っ越しなど新しい何かが始まるときに計画や目標を立てた経験はありますか?私はあります。
そして、そのたびに飽きてしまったり忘れてしまったりやる気が無くなってしまったり・・・
三日坊主になってしまった経験はありませんか?私はあります。

というわけで、今回は途中で挫折せずに目標を達成するためにはどうすればいいのかをまとめました。
大きな目標を前に心が折れそうになるのは誰でもあること。心が折れないようにするにはどうすればいいか解説します。

大切なのはモチベーションの維持

心理学に「目標の欲求勾配仮説」という理論があります。目標(ゴール)が近くになればなるほどその目標を達成したい、最後までやり遂げたいという欲求が強くなるという理論です。
これによると、人間は目標が遠すぎたり達成基準が曖昧であると目標を達成したいという気持ち(モチベーション)が弱くなってしまうのです。こんな気持じゃゴールにたどり着けない・・・何よりたのしくありません!!
しかし、具体的で達成可能な目標の積み重ねであれば達成感をえながら継続してがんばれるということ。長い坂道を駆け上がるのは大変でも小さな階段を一歩ずつしっかりと登っていくことならできるかも!
そう、モチベーションの維持に大切なのはできそうな目標を立て、実際に達成することで「できた!」「大きな目標にまた一歩近づいた!」という感覚を繰り返し経験することなのです。

前述のように大きな目標を達成するためには目標を小分けにすることが効果的です。
では、具体的にどのように目標を設定すればいいのかを4つのステップに分けて解説していきます。

効果的な目標設定のステップ4つ

1目標は自分で設定する

目標を決めるときに大切なのは、誰かに言われたからではなく自分で決めたという事実です。
自分で目標を決定することで責任の所在が明らかになり、やる気やモチベーションも高まります。

×・・・悪い例

ハト
色んな人が言ってるしブログは毎日更新したほうがいいらしいなあ?

○・・・良い例
ハト
毎日ブログを更新するぞ!

2目標は具体的な言葉で考える

期限や数字など客観的に評価しやすい基準を目標に盛り込むことで、具体的な行動のイメージができ達成の可能性が高まります。

×・・・悪い例

ハト
ブログは暇な時にいっぱい書く!

○・・・良い例
ハト
朝の通勤と寝る前の1時間で1記事書くぞ!

3目標は少し背伸びして考える

すこしでも努力をして目標を達成すると、えられる達成感も簡単な目標に比べ高まります。達成できた自分にコンビニでデザートを買ってあげたくなるような、ほんの少し背伸びをした目標にしましょう。

×・・・悪い例

ハト
とりあえず1記事800文字くらいでいいかな?

○・・・良い例
ハト
1記事2000文字程度を目安に書くぞ!

4目標を誰かに公表する

自分の心の中だけで目標を立てて黙々とこなすこと、無言実行は素晴らしいことですが三日坊主の私には到底真似できません。なので周りの人に目標を公表することで自分を追い込み、逃げられない状況を作ってしまうのです。まさに背水の陣。

×・・・悪い例

ハト
(挫折したら恥ずかしいからだまってこっそりやろう)

○・・・良い例
はと
ハトくんが毎日ブログ更新するってみんなに言っておいたわよ
ハト
ギャー!

まとめ

今回は大きな目標を達成するために必要な小さな目標と、目標設定のコツ4ステップについてお話しました。私も「ブログを更新する、継続していく」という漠然とした目標から「月に10記事以上投稿する」という目標に切り替えて楽しくブログ運営をがんばりたいと思います。

たわし

参加しています。よければポチッと押してください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング